島村楽器 イオンモール成田店 シマブロ

島村楽器 イオンモール成田店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

カスタムギターのススメ

お久しぶりです。島村楽器イオンモール成田店 鴇田です。

今日は「ギターをカスタマイズすること」について僕の「持論」を書きたいと思います。

皆さんは、ご自身のギターをカスタマイズ(改造)したことはありますか?

「難しそう…」という方から「もうやりつくした!」という方までいらっしゃるかと思います。

あくまで僕の「持論」なので偏った意見ではあるかと思いますが、読んで損はない記事になると思いますので、是非最後まで読み通してください。

まず、ギターのカスタマイズするパーツは何か?ということですが、

コンデンサー、ピックアップの電装パーツからペグ、ブリッジに至るまで、実に様々です。

最近では、クライオ処理を施した配線や、改造用のブリッジ、同じく改造用のペグ…等、

「改造する」ためのパーツが数多く存在します。

もちろん改造することで音は劇的に変化します。

しかし、その改造によって「音がよくなるかどうか」というのは、あくまで個人的な主観でしかありません。

つまり、最終的にはギター本体であったりその他の機材(エフェクターアンプ)とのマッチングや、自分が持つ「いい音のイメージ」によるところが大きいです。

無闇やたらに色々な改造を施すことで「楽器」としてのギターが持つバランスを崩してしまうことも少なくありません。(私自身経験済みです。)

しかし、「カスタマイズする」ということは決して悪いことだとは思いませんし、素敵なことだと思います。

自分のギターに今以上の愛着が湧くでしょうし、自分だけのオリジナリティを作り出すことができます。

低コストで音がすごくよくなることもあります。何より、気に入らなければ簡単に戻すことができます。

要するに、「改造」ということに必要以上にこだわるのではなく、フラットな耳と感性で、試行錯誤していくこと。

これが「カスタマイズ」だと私は思います。

練習に終わりがないのと同じように、「カスタマイズ」にも終わりはありません。

地道に少しずつコツコツと自分の好きな音、理想の音に近づけていけば良いのではないでしょうか?

少しでもお手伝いさせていただければ幸いです。

イオンモール成田店でお待ちしております。

それでは。  

イオンモール成田店 鴇田

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.