島村楽器 イオンモール成田店 シマブロ

島村楽器 イオンモール成田店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

歪みエフェクター甘辛の法則!

こんにちは!島村楽器イオンモール成田店 鴇田です。

だんだん暖かくなってきましたね!これから湿度が変化するので、ギターのコンディションにも気をつけてください。

さて、今回は「歪みエフェクター甘辛の法則」ということで、前回に引き続きエフェクターの選び方についてお話させていただきたいと思います。

ギタリストにとって、音色を決めるもっとも重要な要素になってくるのは「歪み」でしょう。

ギタリストは、多くの歪みバリエーションを必要とするため数台ものエフェクターを組み合わせてシステムを構築することも増えてきます。

そこで前回もお話しさせていただいたように、「単に好きなものではなく、必要なものを揃える」という考えが必要になってきます。

たとえば、私はTS系と呼ばれ「Tube Screamer」に代表されるような甘くて粘りのある音が大好きです。

null

そしてこのTS系と呼ばれる音色を持ったエフェクターは、星の数ほど存在しています。

つまり、微妙に違う音色を求めてたくさんのTS系エフェクターを揃え、コントロールすることも可能です。

しかし、私はそれを実践してみようとは思いません。

なぜなら、エフェクトボードというのは主にライブで使用するものです。

ライブで微妙な音色の違いを求めて色々とボードを巨大化する「こだわり」は素晴らしいと思いますが、そんなにたくさんのペダルを踏み分けてライブをやるのは非現実的です。

第一、ライブという現場では音作りよりもプレイのニュアンスだったり、アクションの方が大事になってくることが多いです。

ということで、「それだったら幅広く使えるボードを作りましょう」というのが、この「甘辛の法則」です。

ここでは、TS系などを「甘」BD2などパキッとしたサウンドのものを「辛」とさせていただきますが、「甘×甘」はくどく感じ、「辛×辛」は耳に痛く感じます。つまり、幅広いサウンドを作るには、「甘×辛」が最も適切なのです。

この組み合わせでは、それぞれ単体で使ったときはもちろん、組み合わせて使った場合もバランスがよく、実戦で使える音を作ることができます。

要するに、組み合わせが大事なのです。ゲーム的に言うと「コンボ」というやつでしょうか。

島村楽器イオンモール成田店では、お客様がお持ちのエフェクターとの相性を見るための試奏も大歓迎しております。

おひとりおひとりに合った機材、必要な機材を力いっぱい考えさせていただきますので、ぜひご相談ください!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.